スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お目目の嫌な治療

眼科の受診日。

待合室にイタグレちゃん2頭がいました。


IMG_0458.jpg

リョウくん。


IMG_0461.jpg

キレイなレッドのリンくん。


お話していたら、アルブレヒトの胎違いの弟、シャーリーのお友達でした。

わいわい!すごく偶然。

リンくんのお里出身のお友達もたくさんいるしね。


IMG_0457.jpg

さて、嫌な嫌な眼の治療のアルブレヒト。


もう、カルテと一緒にマズルガードが用意されています。

診察台に乗ると180度顔を後ろに向けるし、何もされていないうちからめっちゃ怒っています。

そして、嫌な嫌な嫌な治療。

マイボーム腺をピンセットで上瞼、下瞼絞りだしていきます。

今日は院長先生に噛み付きました。

ほんとに申し訳ない気持ちでいっぱいと、治療を見ているだけで力が抜けて脱力してしまうヘタレな飼い主。


躾の先生もこればっかりはどうにもならないと。


眼の状態はいいのです。

だから、アルに先生はアルにとっていいことをしてるとわかってもらいたい。

わからないよ、犬だもん。


次はまだ2ヵ月後。

なかなかお財布には厳しい病院事情です。


この日の会計

再診料・・・1,440円

細隙灯顕微鏡検査・・・3,660円

マイボーム腺撮影・・・1,030円

マイボーム腺圧迫治療・・・1,550円

ムコスタ・・・4,800円

ヒアレインミニ0.3%・・・3,720円

オプティミューン・・・5,150円

消費税・・・1,703円

合計・・・22,993円

季節の変わりめはご用心

IMG_0454.jpg

かかりつけ医の受診日。


半年に1度の甲状腺検査。

心雑音は問題ないレベル。


元気なんだけど、季節の変わり目食欲が落ちたりすることもしばしば。

急に暑くなったり、湿気が酷かったり、気圧の変化。

去年までは影響することがありませんでしたが今年はちょっとした変化で体調が左右します。

IMG_0453.jpg

先日も夜中4回嘔吐して、そのあと一睡もせずに部屋中を何時間もウロウロ。

お腹痛いときにする、祈りのポーズも。


絶食と飲まなくてはいけないお薬の投与と迷って少量のフードでお薬を飲ませる。

あとで先生から吐き戻さなければお薬はあげてOKと伺って安心(ありがとうございます!)


どうしてもどうしても休めない仕事の日で心配だったけど、帰ったら元気になっていました。

下痢は嘔吐もなし。


ゆったりと、室温と湿度と食べるものにも注意して、健康で幸せに過ごして欲しいです。


この日の会計

再診料・・・1,080円

甲状腺外部委託検査・・・11,232円

内用薬合計・・・12,096円

爪切り・・・648円

肛門腺絞り・・・648円

6種ワクチン・・・7,020円

ポイント割引・・・▲1,477円

アイペット保険・・・▲12,000円

合計・・・19,247円

ステロイドを切る

4月の眼医者。


なんとなんと、偶然お散歩していたプリちゃんとシャンティーに会えちゃった。
うれしいー!ひさしぶりー!と喜びつつ次の約束をしてバイバイ。

そして、本日の検診。
涙はいい状態。
まだすこしお目目に赤味があったりして、ちょっと気になる線もあったりして・・・なんだけど。
新しい目薬もいい感じなので、予定どおりステロイドを切る事にしました。
オプティミューンも一緒に・・・とことだったけどこれでまた調子が悪くなった時にどちらの作用か分からなくなってしまうため、最初はステロイドから、ということになりました。

次は2ヵ月後。
IMG_0042.jpg

本日の会計

再診料・・・1,440円
角膜染色検査・・・1,300円
涙液量検査・・・1,340円
眼圧測定・・・2,880円
細隙灯顕微鏡検査・・・3,600円
ムコスタ・・・3,600円
ヒアレインミニ・・・3,720円
オプティミューン・・・5,150円
消費税・・・1,912円
合計・・・25,822円

通常通院

掛かりつけ、定期通院。

DSCF8618.jpg

2ヶ月分のお薬もらって、次のときは狂犬病の注射とフィラリア検査。
心雑音はするけれど許容範囲。

再診料・・・1,080円
爪切り・・・648円
肛門腺絞り・・・648円
耳洗浄・・・1,620円
内用薬合計・・・24,192円
アイペット保険負担・・・▲12,000円
合計・・・16,188円

8歳の3月 新しい目薬

眼科です。
DSCF8600.jpg
花粉の季節になっても、眼の調子はよくぱっちりと開いてます。

DSCF8596.jpg
病院のマズルガード。
毎度毎度、すみません。
すごい怒るから、院長先生にも少し治療の時間を置いてもらって『気持ちの整理はついた?』と聞かれます。
でも、つきません。

DSCF8597.jpg
くそむかつくぜ

DSCF8598.jpg
ひとりのこらずかんでやりてー

なんて怒ってますが、お目目は順調。

ステロイド切れるかなとおもいましたが、亀の歩みのようにすこーしずつ減薬していく方針のよう。
プレドニゾロンは2mgを3日に1回だったのが、4日に1回となりました。
さて、点眼です。
今までヒアレインとオプティミューンでしたが、先生はオプティミューンを切りたい模様。
私は切って免疫のコントロールができずに涙量が全くなくなってしまった苦い経験から切るのはすごい勇気。
先生は免疫抑制剤のこの軟膏はステロイドと同様あまり長期に渡っては使用したくないとのことでしたが、私の思いも汲んでくれてか、新しい目薬を入れて1ヶ月様子をみて調子がいいようだったら切る方向で行こう、と、あと1ヶ月は続けることになりました。

新しい目薬とは。
DSCF8615.jpg
ムコスタ。

ドライアイの治療に有効な新薬です。
涙の成分のムチンを作るのを促進して角結膜上皮障害を改善します。
割と新しいお薬なので、人間が試したのを読むと1分くらい眼がかすんで見えない、苦みが来る、刺激がある、など。だいじょうぶかな。
ただヒアレインよりドライアイの改善のデータには有意差があって重症のドライアイに苦しむ方には価値があるようです。

白濁のお薬で、目の周りにぼたっとこぼれおちてくるので拭いてあげてくださいと言われたけど、
DSCF8623.jpg
あなた、目薬受け止めるの上手ね。

DSCF8625.jpg
上手ね。感心します。
目薬を嫌がらないのはほんと、ありがたい。
私とやる色々については、じっとしてるほうが過ぎ去ると学んでくれてるから助かるんだよなー。

このお薬、立てて保管しなきゃいけないので開けたやつはどうしよう。。。って考えてたんだけど。
DSCF8617.jpg
たまごの所に差したよ。
ここ、うずらの場所?
ヒアレインのサイズだと大きくて無理。よかったー。

本日のお会計

再診料・・・1,440円
角膜染色検査・・・1,300円
涙液量検査・・・1,340円
涙量検査(SMT)・・・600円
細隙灯顕微鏡検査・・・3,600円
マイボーム腺撮影・・・1,030円
処方料・・・1,200円
プレドニゾロン・・・320円
ヒアレインミニ・・・1,860円
ムコスタ・・・4,800円
消費税・・・1,399円
合計・・・18,889円

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。