スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

課題:マテとタッテと狂犬気質のこと。

3週間ぶりのDOGLY
DSCF1907_convert_20130725222331.jpg
りょこうにいったりして、あいだがあいちゃった

楽しいコトもたくさんしながら、お勉強も月に2回は入れるようにしています。

DSCF1912_convert_20130725222459.jpg
きょうはぜーーーーんぶひとりでつかっていいんだって

半分トレーニングの子達が使っていたり、学校説明会に来ているお友達がいたりがこの日はなかったので、広く使いながらトレーニングしていきました。

復習しながら、先生が気づいたことが。
タッテができるのに、じっとしてる時がある。
レベルを落として3回で成功させるように、コマンドだけで立たなかったら腰、脚をほんの少し動かして紐づける。それでも出来なかったら左足を1歩出す。
ここまでやればほぼ出来る、けど。
もしかしたら、タッテをマテと勘違いして動かないのでは、と。

そう言われてもっとコマンドをアルに解りやすく、タッテの小さいッ、を強調して、マテは短くメリハリをつけて伝えるようにしていきました。

なるほど、アルの動きがだいぶ良くなっていく。

DSCF1910_convert_20130725222426.jpg
mihoがもっとどりょくしないとね

ほんと、そう。
そして、コーンを使ってツイテ歩く練習を集中してやりました。
アルはスクールの入り口のコーナーに来るとそっちが気になってしまうので、そこでぐっと集中させるように。
でも、ふわっふわのお友達がいたりすると100%ダメ。
魅力的なものからこちらに集中させるのって難しいなー。

DSCF1914_convert_20130725222529.jpg
でも、ここに初めて来た5年前は札付きのワルだったのに、こんなに成長してくれてmihoはそれだけで100点満点あげたいくらいなんだよ。

この日、レッスンが終わってからアルが他人に抱っこされると唸ることを相談しました。
担当の先生が抱っこしてもケロっとしていて唸らない。
全く関係ない作業をしていた先生に事情を話さず急に抱っこしてもらいました。
そしたら、抱っこする前触られただけで、唸りそのあとはテンションがあがって飛び掛る、でも尻尾は振っている。
確かにあの声で唸られたら知らない人は咬まれるって思うし抱っこしていても驚いて落下させる可能性がある、と。
けれど抱かれる体勢がイヤ、とかその人がイヤ、とか理由があれば対処も出来るけど今のところアルの唸りは気分のようで特にイヤじゃなくてもとりあえず癖のように唸ってる節もある。

・・・となると益々これを直すのって難しい。
絶対に咬まないっていう保障はどこにもないし。実際歯までは当てることもあります。
更生したとは言え、元々持ってる気質って変わらないと私は思っていて、良くなったのはアルが自制することを覚えたからなんですよね。

これが今のアルブレヒト。
それでも昔に比べたら穏やかになって落ち着いた。
まだまだ変われる、成長できる可能性があると思ってます。

かいぬしにもまだまだせいちょうしてもらいたいあるくんにおうえんくりっくをおねがいします
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

本来犬は身を守るために咬む・唸るは当たり前の事だけど、人間社会で生きるために学習させられてきただけですもの。
人間の子どもだって、教えなければ動物も平気で殺してしまいます。
アル君の狂犬気質と言われるものも、犬の素直な姿です。
ミミも咬み癖があり苦労しましたが、我が家では一番頭も良いようで、信頼関係が出来るまでには時間がかかりました。
でも2歳を過ぎた頃から歯磨きや爪切りも黙ってさせてくれるようになりましたし、今では落ち着いて全てに対処できるようにもなりました。
アル君も賢い子なので、気持ちの中では随分葛藤があるんじゃないかと思います。
犬にとって乗り越えて行くことは容易な事では無いと思うけど、mihoさんの努力とアル君の頑張りが実って来ているんですね。
犬は死ぬまで学習しますから、もっともっと素敵なアル君になりますよ。

2013/07/28 (Sun) 13:45 | 還暦おばん(ミミ・アンドリュー・ボブ母です) #- | URL | 編集
Re: 還暦おばんさん

そうですよね。
特にペットショップで母親や兄妹犬とじゃれたり咬み合ったりする経験が無かったアルにとって、イヤという事を伝える感情表現は”咬む事”だったんだと思います。
パピーの頃のトレーナーさんにも”思い通りにならないと咬んでたよね”と言われました。
ミミちゃんも家族との暮らしの中で落ち着きが出てきたんでしょうね。
私はアルの基本的な気質を変えるよりも、葛藤しながらも自制することを学んでくれたことを嬉しく思います。
今でもイヤだという意思表示で私の手にパクっとしたりしますが、決して鋭い歯にチカラを入れて咬む事はせず、ペロリと舐めて正しいこととしてはいけないことを考えているようです。
私も犬に負けないように、死ぬまで学習しなきゃ!
更にアルにとって、魅力的な飼い主であることが私の目標です。

2013/07/28 (Sun) 23:22 | miho #- | URL | 編集

アルくん・・・
よかった!
記事見たときはビックリして読んでくうちに
うるうるしちゃったけど
でもほんとによかったです・・・
そしてmihoさんも体調には気をつけてくださいね
2人の生活を長く続けるにはmihoさんの体調万全が
絶対条件ですもんね
大丈夫!しの地方の風にのせてきもち届けます!
(実は今日かかりつけのHPに行ってフィラリアのお薬とか
もらってくる・・ついでにいろいろ診てもらったら
ジュリーは片タマがおりてきてないので将来的に
病気の可能性がある→とってしまう手術をするなら秋涼しくなってからと言われました
まだ悩んでますが・・・1番いい方法を考えていきたいと思います

2013/07/28 (Sun) 23:34 | しの #- | URL | 編集
Re: しのさん

ご心配お掛けしました。
お友だちのワンちゃんも同じくらいの年齢の子たちがバタバタと不調になってるので人間なら40歳、これからあり得ることだなーなんて、身が引き締まりました。
ジュリーくん、アルも片タマだったんだよ。
幸い7ヶ月の去勢のとき、奇跡的に下りてきてくれたんだけど。
開腹するのは抵抗あるよね、どちらを選んでもしのさんが選択したのが正解だと信じて決めたら後悔しないように!!応援してます!!

2013/07/29 (Mon) 07:19 | miho #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。