スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲状腺ホルモン検査結果、薬の調節って難しい

DSCF5003_convert_20121124201648.jpg
びょーいん、いくよ

先月、甲状腺機能低下症の血液検査をしたアル。
減薬して初めての検査でした。

先生に、『最近は元気がなかったり、皮膚の状態が悪くなったりしていませんか』と聞かれすこしイヤな予感。
もちろん、そんな症状は出ていません。

DSCF5009_convert_20121124201805.jpg
体重も、6.25⇒6.05に減っていたし。

今回の検査ではT4が基準値を下回ってしまいました。
0.9~4.4のところが0.6mg
減薬した量がアルには少なすぎたよう。
今症状が出ていなくても、このままだと確実にでます。
そして、薬の量が多すぎてしまうと内蔵に負担がかかることはもちろん、逆に甲状腺機能亢進症、すなわちバセドウ病が発症する危険もあります。

お薬の量は初期段階では20~40mgが適量で、アルは30mgを服用していました。
1年服用してきて、維持期に入ったため、一生飲むお薬なので内臓に負担がかからないためにも微妙に量を調節しなければなりません。
維持期の量は10~20mgが適量。
アルは7月から20mgを服用していました。
でも、これで数値が下がってしまっていたので、今回25mgと5mgに増やしてみて1ヶ月後再検査することになりました。

うーむ、お薬の調整って本当に難しい。
アル、もうすこし頑張ろう。

DSCF5005_convert_20121124201724.jpg
ちりょうひ、たくさんかかってごめんね
mihoは頑張って仕事しないとね。

DSCF4461_convert_20121124201606.jpg
今年から保険証がカードタイプになりました。

DSCF5010_convert_20121124201936.jpg
昨年の保険証。
きちんと治療をするようになって、月に一度の検診ですべてまかなえるようになりました。

以前は月に3回とか、もっともっと病院に通ってたので。
入院も今年はなかったしね。

今月の治療費

再診料・・・1,050円
内服薬・・・8,820円
ここまでが保険対応。
爪切り・・・630円
肛門腺しぼり・・・630円
合計・・・6,195円

来月もちっくん、そして正常値に戻ってますように。

あるくんのおくすりちょうせつがうまくいきますようにっておもうひとはおうえんくりっくをおねがいします
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

頑張ってるアル兄

とってもかっこいいよ
お薬って本当に難しいね
でも、きっと兄やんの、適量がみつかるよ!
そして、それから少しずつ減らせると
嬉しいよね。
どんどん良くなりますように
そして、お薬も少しでよくなりますように

アルのために働くぜー!ってかあちゃんも
頑張れてるけど・・・。
全てが、アル中心に回る私たち
ちょっと、凄いくない?って思っちゃうくらい
犬バカでありますな。(笑)
でも何が悪い!! 犬バカばんざーいなのだ。(爆)

2012/11/26 (Mon) 11:31 | あるかあちゃん #- | URL | 編集
Re: 頑張ってるアル兄

応援ありがとう♪アルが頑張ってるから私も頑張らなきゃね!!
そうそう!!うちら犬バカばんざーーーーい!だよねっ

2012/11/27 (Tue) 07:37 | miho #Ap.1XQ.A | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。