スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALBRECHT

アルの名前はアルブレヒト。
DSCF6230_convert_20120301231805.jpg
おぼえにくい?みんなはどうやってなまえつけたの?

アルブレヒトはバレエ『ジゼル』から。
DSCF5970_convert_20120301231513.jpg
ジゼルの相手役がアルブレヒト。

アルはショップ出身で4ヵ月まで売れ残っていたので、もう大人の身体つきだった。
手足が長いのが印象的で、バレエダンサーみたいって思ったのがファーストインスピレーション。
DSCF6235_convert_20120301231917.jpg

どうして白鳥の湖の王子、ジークフリートとかじゃなくアルブレヒトだったかっていうと、悪い男なんです、アルブヒレヒトは。
バレエをご存知の方ならアルブレヒトにあまりいい印象を持たないはず。
公爵である身分を隠して、戯れにジゼルに近づき一幕の最後で婚約者が出てきてジゼルの前で婚約者を選んでしまう、ジゼルは狂乱して死んでしまう。
二幕では死装束でジゼルは踊ります。

本当にジゼルを愛していたとか、解釈は色々あるけれどアルブレヒトは私の中ではまさに悪ブレヒト。

アルに初めて会った時、一目でmihoは魅了されますが、ガラスを爪でコンコンってたたいてもチラ見するだけでふんってされた綺麗な顔なのに可愛げゼロ。

そんなんだから売れ残っちゃうんだよ、って思いながらこの子は『アルブレヒト』だと飼うことを決める前から名前がついてしまいました。

そんなこんなでアルが来てからはバレエなんか一度も見に行ってないので、初めてアルにアルブレヒトを見せてあげようとおうちで鑑賞。
DSCF6212_convert_20120301231728.jpg
ガムに夢中で見る気配ゼロ。

ほら、見て、アルブレヒト素敵でしょ?
DSCF6209_convert_20120301231654.jpg
かみごたえばっつぐん!

ちっとも公爵ではないウチのアル。

DSCF6221_convert_20120301231840.jpg
んんっ??すごいじゃんぷりょくだ

そうだよ、バレエダンサーはどうしても女性に目がいっちゃうけど素晴らしい男性ダンサーって、ダイナミックでジャンプ力もあって美しいんだから。

アルブレヒトはドイツの男性の名前ですが、『高貴な光』という意味もあるそうです。
これは飼った後に知りました。

DSCF6237_convert_20120301232137.jpg
くらっしっくってねむくなるよね

DSCF6238_convert_20120301232208.jpg
高貴な光でもなさそうなアルブレヒト氏はお気に入りのブランケットにくるまっておやすみになられました。

みぶんをかくさなくてもちゅうりゅうかていだからもんだいないあるくんに、おうえんくりっくをおねがいします
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。