スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一年間がんばった犬

DSCF5612_convert_20120218204642.jpg
おれ、だいえっとせいこうしたよね

1年前、原因がわからず急に体重が増えてきたアル。
甲状腺機能低下症と診断がつくまで半年かかりました。
アルは3歳まで体重は5.6kgキープ。
増減はほとんどなく、最初におかしいなと思ったのは体重が6kgを超えたこと。

DSCF5781_convert_20120216231645.jpg
病院では、お散歩行ってますか?ご飯の量コントロールしてくださいと軽肥満の診断のみでそれまで60g×1日2回だったフードを半量に減らしても体重が減るどころがどんどん増えていき、MAX7.4kgまで増加しました。

今でこそ学んで甲状腺の異常がさまざまな免疫異常をおこし、身体の不調をつくりだしてしまうことが紐づくものの当時は全くわからないので本当に不安な半年間でした。

体重が増加し始めた頃に2度目の細菌性腸炎をおこし入院。
尿のphが上がって食事療法。
白血球の数値の増加。
その頃は何で毎回毎回異常が出るのかわかりませんでした。

そうこうしているうちにアルはお散歩も5分で歩かなくなり、ソファーにものぼれなくなります。
DSCF5784_convert_20120216231715.jpg
呼吸が不規則、歩いていても転ぶ。
不整脈の診断もされます。
毎日の生活から、まだ3歳だし齢をとったからでは絶対ない、明らかに何か異常があると折にふれて病院の先生に伝えました。

そして、4歳の誕生日を迎える頃に膿皮症が脚に出来ました。
膿皮症は誰にでも起こり得るしお薬ですぐ治る湿疹みたいなものですが、全く良くならず薬を飲んで治療もしているのにどんどん酷くなる一方です。
DSCF8707_convert_20120218201740.jpg
それをきっかけに、血液中の好酸球も増え普通の膿皮症だと痒みは出ないはずなのに、夜も眠れないほど痒がるかわいそうな状態が続きます。

DSCF8708_convert_20120218201939.jpg
この頃もしかしたら『甲状腺機能低下症』かもしれないと先生に検査をすすめられ、いくつかの血液検査を更にし、はっきり診断がついたのです。
そして、抗生物質も効かない体質であることも同時にわかります。

DSCF8706_convert_20120218201704.jpg
真夏でしたが、お散歩中の飼い主さんが皮膚病で伝染するのでは、と不快に思わないように日中は服を着せていました。
事情を知らなければそう思っても当然です。

病名がついてからは原因がわかったことでほっとして、治療に専念しました。
診療方針が間違っていないか、主治医の了承の下セカンドオピニオンでも診て頂き結果、安心して今の病院で継続治療をしています。
アルも度重なる検査と投薬でものすごくストレスだったと思うけど、頑張った結果、今は安定して一定のお薬を飲み続けています。

この1年で私が飼い主としてしてきたことは、治療費、検査費はバカにならないけれどアルの為の医療費は1円も節約しなかったこと。
先生は必ず何らかの可能性がある場合、いくら検査費がかかるかを伝えたうえでどうするか聞いてくれます。
何でもなければ安心できるので、とりあえずそれが数万かかってもお願いしてきました。
もうひとつは、できるだけ今までと変わらずお友達と遊び、旅行も外出もたくさんしたことです。
家にいる時はダメっていっても痛くて悲鳴をあげてまで掻きむしっていましたが、友達といる時は気が紛れるみたいで動きは鈍いもののみんなと遊んでいました。
いや、ほとんど動かなくてじっとみんなが遊んだり走ってるのを見ている事が多かったけれど、多分本人は楽しかったんじゃないかな。
この病気は段々無気力が増して、目から活力が消えるようですが、普段のお散歩は拒否しても友達と一緒なら歩きました。

最高にむくんでいた頃のお尻。
DSCF8067_convert_20120218201601.jpg
脂肪が異常について、イタグレとは思えない。

現在。
DSCF5948_convert_20120218202054.jpg
腰骨が見えて、脚に筋肉もついてきたよ。
皮膚は色素沈着して痕になるだろうと思っていましたが、一週間に2度の薬浴もじっと我慢して驚くほど何もなかったみたいに綺麗になりました。

DSCF5611_convert_20120218201843.jpg
からだがすっきりして、うまれかわったきもちだよ

根拠なく、『絶対治してあげるから』って言い続けてきたけれど実際は私がしたことはほとんどなくて、適切な処置をしてくださった先生に感謝、病める時も健やかなる時も一緒に変わらず遊んでくれた友達の存在にも感謝。
一番褒めてあげたいのは治療を頑張ったアル。

お薬は一生飲み続けなければならないけれど、これからは年齢を重ねても体力、筋力、免疫力を付ける為に一緒にたくさんお散歩して健康な身体を作っていこうと思います。
6kg以下になかなかならないなって思ってお散歩増やしていたら、ある日ストンと落ちました。
現在体重5.4kg、ベストは5.8kgと先生に言われているのでこれからご飯も増やして筋肉カチっとつけたいところです。

犬の1年は人間の4年。
犬の2kgは人間の20kg
よく頑張りました。

あるくん、やせてかっこよくなったんじゃない?っておもったひとはおうえんくりっくおねがいします
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

頑張ったね!

アルく~ん、ほんとうによく頑張りました!
そしてmihoさんも!
読んでいて涙が出ちゃいました。
ほんとうに良かった。
お薬は一生飲んでも大丈夫なものは本当に大丈夫で寿命を縮めたりすることは決してなくて、むしろQOLを高めるので(経験済み)、これからも頑張って下さいね。

そして、こんな辛い状況をアップして下さってありがとうございます。
きっとみんなの役に立つと思います。

2012/02/21 (Tue) 22:48 | cookie-greco #viSmBI46 | URL | 編集

こんにちわ☆
アルくんキラキラお目々で本当に健康的に見えます~!!
お散歩たくさん歩けるようになって筋肉もしっかりですね☆
何より、アルくんを見守るmihoさんの愛情が伝わってきて
なんだかうるっとしてしまいました。

そらさんはまだお散歩全力で拒否です...。
あせらずあせらず~って思うケド、まだ体重も減らないし
ちょっぴりあせる飼い主(苦笑。
それでも少しずつ、「遊べ~」と絡む時間が増えたように
思うので、じわじわがんばります☆
そらさんもベスト体重は5.8kgくらい。
アルくんと同じくらいの体格かな~?なんて想像してみたり♪
まだ7kg越えから抜け出せないけど、シュッとしたオチリ
めざしてがんばります~☆

2012/02/21 (Tue) 23:00 | カヲ。 #- | URL | 編集
よくがんばった!

えらいぞアル君!
隣で見ていたmihoさんも
大変だったと思いますが…。

この間お会いした時は、
「確か、皮膚が大変な事になってたんですよね?」
って聞いちゃったくらい、す~っかり
きれいになってました!

この記事を読んで、私もいざという時は
頑張るぞ~~!って勇気もらいました。(^-^)
(あ、でも、もう骨折で頑張ったから
できれば頑張る機会はない方向で。(笑))

2012/02/22 (Wed) 09:24 | さらさらぴこ(シオン・かれん) #- | URL | 編集
えらい!

よくがんばったね~!
mihoさんも、アル君も!!
本当に、すっきりして綺麗な身体だね~。
ブログで、ずっと見てたけど
やっぱり、こうやって改めて見せてもらうと
本当に、本当に頑張ったんだな・・・って思うよ

穏やかなアル君と優しく見守るmihoさんコンビは
かあちゃんの、憧れでもあり理想でもあるんだよ!
あ、ワルブレヒトがいたんだった…。(笑)

これからも、色々参考にさせてもらうね~!!

2012/02/22 (Wed) 10:59 | あるかあちゃん #- | URL | 編集
Re: cookie-grecoさん

ありがとうございます。
コツコツ気長な気持ちでやってきて良かったな、と思います。
そうですよね、病気ともお薬とも仲良くうまく付き合いながらアルの一生をサポートしていきたいと思っています。
グレちゃんや雫ちゃんみたいに、アルもうちに来て私と一緒に暮らして良かったなぁって思ってもらえるように暮らしていくのが目標です!


2012/02/22 (Wed) 22:58 | miho #- | URL | 編集
Re: カヲ。さん

焦る気持ち、わかるわかる!
私もなかなか効果が表れなかったときは何で???ってすごーーーく思ったよ。
そらさんはアルに比べて数値からみてもまだ強いお薬を処方されていないんだと思います。
確かふりかけるタイプのものだったよね?
ゆるやーかに身体に負担をかけないように調整している時期なんじゃないかな。

ベスト5.8kgって同じ体格、体高だね、きっと。
長いお付き合いになると思うからゆーーーーっくり行こうね!

2012/02/22 (Wed) 23:04 | miho #- | URL | 編集
Re: さらさらぴこさん

骨折もたいへんだよー(泣)
骨折の飼い主さんの心労、毎日の生活のケアは本当に大変だと思います。
パピーの頃、ホームセンターのカートから飛び降りてギャン泣きしたときはやっちまった・・・って思ったけど、男の子は骨格がしっかりしてるせいか、大丈夫でした。

改めてこうやって写真でみると、いやいやすごいよね、皮膚。
もう、どうしたもんかと思ってたし何より痒がるのが可哀想でした。
綺麗になってたでしょ?
もう、跡形もなくて嬉しい限りです♪

2012/02/22 (Wed) 23:08 | miho #- | URL | 編集
Re: あるかあちゃんさん

ありがとー!!!
3歩進んで2歩下がるような一喜一憂の一年間だったけど、あるかあちゃんにはずっと見守ってくれてたもんね。
元気な姿で関西で会えて嬉しかったよ♪
下手したら、旅行も無理!行ってもずっと荷物番・・・みたいな感じになっちゃってたかもだから。

ワルブレヒトは参考にしないほうが、いいけどね(笑)

2012/02/22 (Wed) 23:10 | miho #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。