スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大事!トイレの掛け声

トイレ悪夢再来疑惑から失敗の無いアルブレヒト氏。
DSCF4040_convert_20111204212009.jpg

室内犬を飼うのは初めてだったmihoはしつけ本で、皆さんご存知なトイレを教える時『ワンツー!ワンツー!』とか掛け声をかけるのをえっ!まじか??って思ったコトを憶えてます。
おうちならともかく、お外で『ワンツー!ワンツー!』なんて恥ずかしい・・・。

、と思ったけれどちっこの時は『しーしー』うんPの時は『ぷっ、ぷっ、ぷっ』とトイレを教えてきました。
初期の頃のお散歩は外でちっこをしてくれなくて、トイレシーツを持って行ってみたり色々してみて初めて出来たときは拍手をしたものです(ワンツーよりよっぽど恥ずかしい)

外ではもう掛け声をかける事もないけど、家ではできるだけ成功体験の時にその場で褒めることをしてあげたいのでアルがトイレに行くときは一緒にいって掛け声をかけます。

DSCF4034_convert_20111204210055.jpg
こんな風に応援する気持ちで!

今見てれば成功、留守番の時は99%トイレの外にしているコレ。
DSCF4042_convert_20111204212046.jpg
理由を教えてよ、なんで?

mihoがいればすぐ捨ててもらえるから問題ないけど、留守番中はつぎのちっこをする時踏みたくないから外にしてしまうのか。
いや、家にmihoがいても見てないと絶対外にしてしまう(変なところにはしません。トイレの脇にしてある)

考えても理由は憶測でしかないので、その時を逃さず成功体験を繰り返し繰り返しさせて、褒めてトイレの中でしてないとおかしいんだよーって憶えてもらいたい。
トイレシーツを踏んでいる時だけ『ぷっ、ぷっ』って声をかけて、外に出たら何も言わない。
とにかく今は回数。

ある日一緒に寝ている時にアルがトイレに目が覚めて、ベッドから出てむかったけど夜中で熟睡していたmihoは起き上がって付いていく気力が無い。
DSCF4045_convert_20111204212154.jpg
たってるみみのほうがmihoとねているおへやで、ねているみみのほうがあるべやだよ
向かいの部屋だけど、うつらうつら寝たまま耳を澄ませると何度もトイレシーツを踏んでいる音がするので(あー・・・うんPだ)と思って踏んでいる足音にあわせて『ぷっ、ぷっ』って勘で掛け声をかける。
しばらくすると静かになってベッドに戻ってきたので、そのまま二人で熟睡。

翌朝、ちゃんとトイレの中にしてあったのを見て掛け声ってあなどれない、大事なんだーと実感しました。

DSCF4043_convert_20111204212120.jpg
mihoのこえをきけばどこにすればいいかわかるんだけど

留守番中もしっかりできるようになることが目標だね。
おじいちゃんになったって諦めないよ、ずっとやるよ!

といれのしつけにくろうしてるひとは、いっしょにがんばろうのくりっくをおねがいします
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。