スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8歳の3月 新しい目薬

眼科です。
DSCF8600.jpg
花粉の季節になっても、眼の調子はよくぱっちりと開いてます。

DSCF8596.jpg
病院のマズルガード。
毎度毎度、すみません。
すごい怒るから、院長先生にも少し治療の時間を置いてもらって『気持ちの整理はついた?』と聞かれます。
でも、つきません。

DSCF8597.jpg
くそむかつくぜ

DSCF8598.jpg
ひとりのこらずかんでやりてー

なんて怒ってますが、お目目は順調。

ステロイド切れるかなとおもいましたが、亀の歩みのようにすこーしずつ減薬していく方針のよう。
プレドニゾロンは2mgを3日に1回だったのが、4日に1回となりました。
さて、点眼です。
今までヒアレインとオプティミューンでしたが、先生はオプティミューンを切りたい模様。
私は切って免疫のコントロールができずに涙量が全くなくなってしまった苦い経験から切るのはすごい勇気。
先生は免疫抑制剤のこの軟膏はステロイドと同様あまり長期に渡っては使用したくないとのことでしたが、私の思いも汲んでくれてか、新しい目薬を入れて1ヶ月様子をみて調子がいいようだったら切る方向で行こう、と、あと1ヶ月は続けることになりました。

新しい目薬とは。
DSCF8615.jpg
ムコスタ。

ドライアイの治療に有効な新薬です。
涙の成分のムチンを作るのを促進して角結膜上皮障害を改善します。
割と新しいお薬なので、人間が試したのを読むと1分くらい眼がかすんで見えない、苦みが来る、刺激がある、など。だいじょうぶかな。
ただヒアレインよりドライアイの改善のデータには有意差があって重症のドライアイに苦しむ方には価値があるようです。

白濁のお薬で、目の周りにぼたっとこぼれおちてくるので拭いてあげてくださいと言われたけど、
DSCF8623.jpg
あなた、目薬受け止めるの上手ね。

DSCF8625.jpg
上手ね。感心します。
目薬を嫌がらないのはほんと、ありがたい。
私とやる色々については、じっとしてるほうが過ぎ去ると学んでくれてるから助かるんだよなー。

このお薬、立てて保管しなきゃいけないので開けたやつはどうしよう。。。って考えてたんだけど。
DSCF8617.jpg
たまごの所に差したよ。
ここ、うずらの場所?
ヒアレインのサイズだと大きくて無理。よかったー。

本日のお会計

再診料・・・1,440円
角膜染色検査・・・1,300円
涙液量検査・・・1,340円
涙量検査(SMT)・・・600円
細隙灯顕微鏡検査・・・3,600円
マイボーム腺撮影・・・1,030円
処方料・・・1,200円
プレドニゾロン・・・320円
ヒアレインミニ・・・1,860円
ムコスタ・・・4,800円
消費税・・・1,399円
合計・・・18,889円

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。