スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年

1年前の1月に心疾患の診断がつきました。

心臓の治療を始めて1年。
思えば最初は食欲不振に悩まされ、薬を飲ませるのもやっとでしたが今ではカリカリフードに薬をポンとのせていても以前のように食べてくれるようになりました。

1年前。6歳。
5-032_2869.jpg
真っ黒だったお顔も、6歳から白髪が出始めたね。

この1年で、飛行機、泳ぐこと、思い切り走ること、山歩きをやめました。
アクティブな私たちだったので最初はこれを制限することもガーーーーン、という感じだったけど陸路で繋がっていればどこでもいけるし、ゆるいハイキングはしていたし、そうストレスにはなりませんでした。
今、眼を患っているけれど、心疾患の自覚症状が出ることもなく穏やかで楽しい1年だったね。

これからも途中何も無ければ1年に1回総合的な心臓の検査をしていきます。
レントゲン、BNP検査、心エコー、心電図。
レントゲンで見えるところは昨年と変わらず。
BNP検査と、心電図は昨年よりよくなって基準値に収まる。
心エコーからはじんわりな進行、想定よりゆっくり。
ただひとつ心配なのが心エコーから見える今後心筋症になり得る可能性。

7歳のいま。
IMG_6731.jpg
白髪が1年前より増えたように、身体も少しずつこれから衰えていく。
アルブレヒトは他の子より身体が弱い分、病気と向き合うことが早かったけれど。

もしも。

今の私と同じくらいの愛情と充分な治療をしてくれる人が現われて、『あなた好みの健康で病気にも怪我にも一生ならない子犬とアルを交換しましょう。アルを引き取る対価として1億円あげますよ。好きなときにアルと会うこともできます。』と言われても譲らないだろうなぁ。
そんなこと誰も言わないけど。
そして、多分犬を可愛がっている人はみんな譲らないと思うけど。

アルブレヒトは躾も大変で、いつも身体の心配をしなくてはいけなくてお金もたくさんかかるけど。
大きな病気も怪我もなく、毎年お誕生日を迎えてる子は純粋にいいなぁと思うけど。

0歳9ヶ月。
IMG_3978.jpg
つやつやで何の病気もない、この頃よりずっとずっと今の方が好き。
おじいちゃんになったら、もっともっと好きになると思います。

この1年はどう過ごして、1年後の検査ではどうなってるかな。
ゆっくり、穏やかに過ごせるといいね。

ぱぴーのころはりょうみみぴーんだな、とおもってるあるくんにおうえんくりっくをおねがいします
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。