スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宿題は難しい

1月のレッスンでの課題は呼び戻しとアイコンタクトの強化。
そして、苦手な犬に出会った時の恐るべし豹変ぶりの対策。

好きなようにさせていて。
DSCF7134_convert_20140223105025.jpg

呼んだら
DSCF7133_convert_20140223104724.jpg
来るのが基本ですが。

それに紐づけて、目の色が変わっちゃうくらい喧嘩越しになる相手(いずれも同じマンションと隣のマンションで3頭)に会った時に目の前に呼び寄せてコマンドじゃなくてリードをクっとひくとフセをする。
力でのコントロールが難しい大型犬に入れる躾を練習中。

アルのその因縁の相手は、ものすごく穏やかで向こうは因縁とはまったく思ってないので、ちゃんとうちがしなければいけません。
教わったことを頭でシュミレーションしながら初のお散歩に出た日、まさかの1ブロック進まないうちにその相手のワンちゃんが隣のマンションからピュっと出てきて心の準備が出来ぬままただぎゅーっと引き寄せてしまいました。

あぁ・・・失敗。

でも、もう1度すれ違うチャンスがあるので、その機会をトリーツを片手に待つことに。
来た!と思ったけれど、アルさんトリーツには興味を持ちません。
本当は相手が目に入る前に一連の動作をして、向かい合ったままフセをしていることがいい形なんだけど、目に入っちゃったしでもちゃんと呼んだら来て、でも視線はメラメラと相手に向かったまま。
フセはせずオスワリしたまま。
けれど、いつもはぎゃんぎゃん狂い吠えするのに黙ってこらえてた・・・と言う100点ではないけれどいいんだかよくないんだか謎な結果でした。

DSCF7135_convert_20140223105054.jpg
コレやる時はハーフチョークじゃなくて首輪がいいそうです。

DSCF7137_convert_20140223105149.jpg
普段は左側に着くのが基本ですが、自分と対面、そして足の間くらいに呼び寄せてコマンド無しで首輪を下に引くとフセの合図。

DSCF7136_convert_20140223105123.jpg
しかし、首輪を下に引くとものすごい力ぐぐぐいっと抵抗します。

笑えるなー。アルっぽくて。

先生、宿題はやっぱり難しいです。
かくれんぼも、これも、難しい。

DSCF7141_convert_20140223105223.jpg
だけど、アルが大好き。
難しくても、少しずつね。

がんこだっていわれてもきにしないあるくんにおうえんくりっくをおねがいします
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。