スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月検診結果と心臓のこと

今年最後の病院・・・でありますように。
DSCF5569_convert_20131213175148.jpg

今回いつものように検診と、順番でいうと心電図をとる日の予定でいました。
心臓については雑音が聞こえる為、念のためレントゲン、エコー、心電図それぞれの検査と新しく加わった心臓の血液検査を受ける予定で、レントゲン、エコーは終了。
若干心臓が大きいこと、弁膜で血液の逆流が見られることがありますが今すぐ治療が必要なレベルでは無いということで安心していたのですが。

先生に心臓の鼓動が聴診器をあてなくても明らかにゆっくり過ぎるのがわかる、普通病院に来ると緊張で鼓動は早くなるものなのに私でもゆっくりなのがわかるでしょう、と。
甲状腺機能低下症の症状が出てくると、”除脈”といってアルは以前病名がわかる前、正常な子の半分しか脈打っていない状態がつづいていました。
もしかしたら甲状腺ホルモンが不足して、症状が出てきてしまっている可能性があるので心電図よりも甲状腺ホルモンの検査を先にした方がいいとのことで、そちらをすることにしました。

日々の生活でも普通の子よりは疲れやすくだるい状態でいると思うので無理はさせないようにとのことです。
来年は7歳になります。
一般的にはシニアと言われていますが、周りの子達は本当に元気。
けど、アルは持病があることを忘れずに上手に付き合いながら、より一層ケアしていかないといけないな、と思いました。

心臓に負担がかかるような泳いだり思いっきり走ったりも控えた方がいいとのこと。
毎月何かしらの検査をしているので、小さな変化も早期発見できることは不幸中の幸い。
心臓の疾患は遅かれ早かれ出るつもりで日々生活していきたいと思います。

DSCF1255_convert_20131213175759.jpg
泳いでる姿はもう見れないけど、泳いだことはいい経験になったね。
アルが泳げるなんて思わなかったけど、上手に泳げるようになったもんね。

177936087_624_v1369048221_convert_20131213175840.jpg
思い切り走らせることも。
治療をする前は歩くのもとぼとぼだったけど、適切な治療をしてイタグレらしい走りをもう一度見れたのは私にとって宝です。

劇的に数値が悪かったら結果が出る2週間後に連絡くださいと伝え、そうでなければ来年年明けの検診で結果を聞きます。

DSCF5572_convert_20131213175323.jpg
アルさん、クリスマスプレゼントはもっと上にごっそりあるよ。

泳いだり走ったりが叶わなくても、ドッグランで日向ぼっこしたりゆっくりお散歩したりゆるいお山を楽しんだり一緒に出来ることはいくらでもある。
出来ることとと気をつけることを飼い主の私がよく見極めながらこれからも一緒に色んな景色を見て行くつもりです。

本日の会計

再診料・・・1,050円
外部委託検査(甲状腺ホルモン検査)・・・7,350円
爪切り・・・630円
肛門腺絞り・・・630円
内用薬・・・8,820円
フロントライン(3ヶ月分)・・・5,199円
アイペット保険負担料・・・▲8,610円

合計・・・15,069円

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

mihoさんと一緒のペースで
毎日を楽しんでいれば
調度いいって事だよね♪
一緒にお散歩して、一緒に
ゆったりして…。
ますますべったりラブラブ~な
一人と一匹になりそうな予感。(^-^)

2013/12/15 (Sun) 15:38 | さらさらぴこ(飼い主①) #- | URL | 編集
Re: さらさらぴこさん

そうなの!
お互いマイペースにゆったり遊んでいればちょうどいいってこと♪
お散歩も今までは仕事の日に急いで朝晩走るように連れて行ったりしてたけど、ゆっくり歩ける方がアルは幸せだから、昔みたいに”運動!運動!”とは思わず行かないで家でだらだらっとしてる日も作ってるよ。
一緒にいられればお互い幸せだからね♪

2013/12/15 (Sun) 23:28 | miho #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。