スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色々と暮らしていく。

DSCF6776.jpg
そといく?

アルの目、
DSCF6801.jpg
少し外にでると、こうなります。
涙の量は足りてる感じで、これはもうアレルギーの時の目。
こうなってしまうと心配だけど、

きちんと目薬をして家の中に入れば
DSCF6775.jpg
腫れは引いていく。

DSCF6787.jpg
なので様子をみながらのお外。
この日は注文していた目薬が届いたので、病院まで一緒にいきました。

DSCF6789.jpg
植物のアレルギー、諸々元々もっていたんだけれどこの秋にキャパシティオーバーとなりました。
そして自己免疫性疾患によるドライアイも併発。

DSCF6792.jpg
だいじょうぶだよ

DSCF6793.jpg
目薬をもらって。

DSCF6794.jpg
まぶしそうだけど、大丈夫そう。

DSCF6796.jpg
帰って来たけど、ほら、キレイでしょ??

でもね。
帰宅して、お互い別々に過ごしていたらしばらくしてアルがやってきました。
出た!アレルギー。
腫れて開かなくなっちゃった目を見せにきます。
DSCF6772.jpg

アレルギーは除去するか抑えるしか方法がなく、根本的に体質を改善することは非常に難しいのです。

DSCF6799.jpg
腫れて完全に開かなくなります。

大丈夫、掻いてしまって角膜に傷がつかなければ翌日には1枚目の写真のように戻るから落ち着いて適切に処置。
痒みを取るために夜飲むはずの抗ヒスタミン剤を飲ませて、ゆっくり寝てもらいます。

アルブレヒトのシニアライフ。
抗ヒスタミンの効きが弱かったらステロイドに移行と言われてますが、無理して外に出なければいい状態を保つことができる。
眼もアレルギーも甲状腺もそれぞれ色々ありますが、私が最優先にしているのは心臓です。
本来は運動制限が安静療法になるので、今の暮らし方が結果長く穏やかで幸せな生活を送れるならそれはとてもいいこと。
生活の仕方は工夫しながら、色々全部と付き合っていきましょう。これからも。

季節は春!
これからは今以上にもっとアルと過ごす時間を大事にしていきます。


にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。