スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9歳

9歳になりました。


1歳のお誕生日旅行のときのアルブレヒト。

IMG_3978.jpg

くろぐろ、つやっつや。


IMG_0484.jpg

ひとつ歳を重ねるたびに愛おしさも可愛さも倍増です。

9歳のおじさんになった今のアルブレヒトが1番好き。

明日はもっと、明後日はもっともっと好き。


アルと一緒に生まれた男の子ふたりと女の子ひとり。

どうか幸せに暮らしていますように。

おなかいっぱい美味しいものを食べて、飼い主さんに愛されていますように。

アルは色々あるけど、まぁまぁ幸せです。


スポンサーサイト

2016年はどんな年?

IMG_4759.jpg
※今年のカレンダーのボツ写真たち

今年は9歳。
ゆったりで幸せな毎日を送れることを願います。

身体は現状維持で。
アルが楽しいと思うことを、一緒にしていけるように。

IMG_4769.jpg
おいしいものをたくさん食べて、きれいな景色をたくさん見て、春夏秋冬を一緒に感じながらマイペースにいこう、ね。

2016年、いい年でありますように。

LOVE 8

DSCF7268.jpg
何を言っても足りないくらい、愛してる。

色々と暮らしていく。

DSCF6776.jpg
そといく?

アルの目、
DSCF6801.jpg
少し外にでると、こうなります。
涙の量は足りてる感じで、これはもうアレルギーの時の目。
こうなってしまうと心配だけど、

きちんと目薬をして家の中に入れば
DSCF6775.jpg
腫れは引いていく。

DSCF6787.jpg
なので様子をみながらのお外。
この日は注文していた目薬が届いたので、病院まで一緒にいきました。

DSCF6789.jpg
植物のアレルギー、諸々元々もっていたんだけれどこの秋にキャパシティオーバーとなりました。
そして自己免疫性疾患によるドライアイも併発。

DSCF6792.jpg
だいじょうぶだよ

DSCF6793.jpg
目薬をもらって。

DSCF6794.jpg
まぶしそうだけど、大丈夫そう。

DSCF6796.jpg
帰って来たけど、ほら、キレイでしょ??

でもね。
帰宅して、お互い別々に過ごしていたらしばらくしてアルがやってきました。
出た!アレルギー。
腫れて開かなくなっちゃった目を見せにきます。
DSCF6772.jpg

アレルギーは除去するか抑えるしか方法がなく、根本的に体質を改善することは非常に難しいのです。

DSCF6799.jpg
腫れて完全に開かなくなります。

大丈夫、掻いてしまって角膜に傷がつかなければ翌日には1枚目の写真のように戻るから落ち着いて適切に処置。
痒みを取るために夜飲むはずの抗ヒスタミン剤を飲ませて、ゆっくり寝てもらいます。

アルブレヒトのシニアライフ。
抗ヒスタミンの効きが弱かったらステロイドに移行と言われてますが、無理して外に出なければいい状態を保つことができる。
眼もアレルギーも甲状腺もそれぞれ色々ありますが、私が最優先にしているのは心臓です。
本来は運動制限が安静療法になるので、今の暮らし方が結果長く穏やかで幸せな生活を送れるならそれはとてもいいこと。
生活の仕方は工夫しながら、色々全部と付き合っていきましょう。これからも。

季節は春!
これからは今以上にもっとアルと過ごす時間を大事にしていきます。


にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村

1年

1年前の1月に心疾患の診断がつきました。

心臓の治療を始めて1年。
思えば最初は食欲不振に悩まされ、薬を飲ませるのもやっとでしたが今ではカリカリフードに薬をポンとのせていても以前のように食べてくれるようになりました。

1年前。6歳。
5-032_2869.jpg
真っ黒だったお顔も、6歳から白髪が出始めたね。

この1年で、飛行機、泳ぐこと、思い切り走ること、山歩きをやめました。
アクティブな私たちだったので最初はこれを制限することもガーーーーン、という感じだったけど陸路で繋がっていればどこでもいけるし、ゆるいハイキングはしていたし、そうストレスにはなりませんでした。
今、眼を患っているけれど、心疾患の自覚症状が出ることもなく穏やかで楽しい1年だったね。

これからも途中何も無ければ1年に1回総合的な心臓の検査をしていきます。
レントゲン、BNP検査、心エコー、心電図。
レントゲンで見えるところは昨年と変わらず。
BNP検査と、心電図は昨年よりよくなって基準値に収まる。
心エコーからはじんわりな進行、想定よりゆっくり。
ただひとつ心配なのが心エコーから見える今後心筋症になり得る可能性。

7歳のいま。
IMG_6731.jpg
白髪が1年前より増えたように、身体も少しずつこれから衰えていく。
アルブレヒトは他の子より身体が弱い分、病気と向き合うことが早かったけれど。

もしも。

今の私と同じくらいの愛情と充分な治療をしてくれる人が現われて、『あなた好みの健康で病気にも怪我にも一生ならない子犬とアルを交換しましょう。アルを引き取る対価として1億円あげますよ。好きなときにアルと会うこともできます。』と言われても譲らないだろうなぁ。
そんなこと誰も言わないけど。
そして、多分犬を可愛がっている人はみんな譲らないと思うけど。

アルブレヒトは躾も大変で、いつも身体の心配をしなくてはいけなくてお金もたくさんかかるけど。
大きな病気も怪我もなく、毎年お誕生日を迎えてる子は純粋にいいなぁと思うけど。

0歳9ヶ月。
IMG_3978.jpg
つやつやで何の病気もない、この頃よりずっとずっと今の方が好き。
おじいちゃんになったら、もっともっと好きになると思います。

この1年はどう過ごして、1年後の検査ではどうなってるかな。
ゆっくり、穏やかに過ごせるといいね。

ぱぴーのころはりょうみみぴーんだな、とおもってるあるくんにおうえんくりっくをおねがいします
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。