スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

め、順調

アルブレヒトさん。
3ヶ月ぶりの眼医者。

フルコースで見て頂いて、もちろんマイボーム腺を絞る処置もしていただいて。
じっくり、じっくり診た結果、『とても順調。次回は4ヵ月後』と院長先生より。

やったーーーー!!!
最初は状態が悪く角膜にも傷が付きやすかったのが改善されているようです。

IMG_0989.jpg
しぼるのはやだけどね、めがぱっちりあくのはいいね

IMG_0990.jpg
この本にアルブレヒトの眼を診てくださっている先生が掲載されてます。

犬のドライアイ治療の先駆者で、人間のドライアイ治療も大学で学んでいる犬の眼科医なのでアルブレヒトの症例にはぴったりだったワケ。
眼以外の疾患を抱えているのでなかなか新しい病院に飛び込みイチから検査するのは大変なことなのですが、掛かりつけ医のご紹介で診ていただけたのでとてもスムースでした。

ここまで良くなるのに時間は掛かりましたが、ここまでよくなるとは思わなかったので感謝してもしきれません。

今月は保険の切り替え時期ですが、昨年は限度日数を越えてしまったのに今年は大丈夫。
全般的な調子の良さが伺えます。

本日の会計
再診料・・・1,440円
角膜染色検査・・・1,300円
涙液量検査・・・1,340円
涙量検査(SMT)・・・600円
細隙灯顕微鏡検査・・・3,600円
マイボーム腺圧迫処置・・・1,550円
ムコスタ3ヶ月分・・・7,200円
ヒアレインミニ3ヶ月分・・・5,580円
オプティミューン・・・5,150円
消費税・・・2,220円
合計・・・29,980円
スポンサーサイト

9歳の秋。これから。

病院いきますよー。
IMG_0968.jpg

2ヶ月ぶりの掛かりつけ医定期健診。

心雑音はほとんど問題なし。
脈は若干ゆっくり。
特に今は問題ありませんが血液検査を検診のため、することにしました。
そして、冬場はいつも年に一度の検診を分けながらしていくのでこれからのスケジュールの相談。

せっかく血液検査をするので、心臓に特化した血液検査も一緒に(ホルモンの状態を見ます)
こちらは外部検査に出すので結果は1ヵ月後。
次回から甲状腺、レントゲンと心電図、最後に心エコーを順番に見ていきます。

いろいろ弱いところもありますが、9歳にしていい状態なのがこちら。
IMG_0970.jpg
歯。

歯磨き、口腔内のケアはアルブレヒトは自分で出来ないので飼い主ががんばるところ。
それでも今は2本、抜歯する必要はありませんがすこし揺れる歯があるそうです。
おいしいごはんを自分の歯で食べられるように、守っていこうね。

血液検査の結果は全く問題なしでした。
しかし、甲状腺も心臓もフツーの血液検査では全くひっかかって来ないというか診れる箇所ではないので、おかしいなと思ったら専門的な検査をするのがいいんだろうなー。

IMG_0984.jpg
今年の心臓の進行具合はどうかな、心配ではあるけど元気にお散歩に行くこの毎日がとても幸せです。

9歳の夏のアルブレヒト

猛暑日が続いていたこの夏、9歳になったアルブレヒトは少しだけ体調を崩す日がありました。
IMG_0918.jpg

今まで、持病のことばかりで手一杯でしたが、病院に行くまでもないというような不調日がちらほらあって。
具体的には嘔吐することが度々あり、下痢は伴わず、という事が今までより多くありました。
未消化で吐くこともあれば、胃液の時もあり、腹痛を伴う時もあれば、ケロっとしてることもあり。
持病のお薬があるので、完全な絶食は出来ずお薬飲めるくらいの量のフードをふやかして食べさせて。
幸い吐くのが継続してあることもなく、スッキリすれば元通りのような日々。

胃腸かなとも思い、皆さんが試しているビオフェルミンを飲ませようかと思うも、とうもろこしデンプンが入っているのでアレルゲンなのでNG

ご飯も手作りの時はペロリだけど、カリカリの時は様子みながら食べる(最終的に全部食べるけどすぐには食いつかない)みたいなのが続くので、カリカリより胃に優しい手作りのがいいのかな。

あと、甲状腺も気になっています。
この日は6.15kg
ゆるーく増えていて。体重増加よりその体型。
IMG_0921.jpg
顎と腰のたるみ。
これ、疾患特有の浮腫みからくるたるみだ。経験済みなのでわかります。
加齢ももちろんあるけど、というか治療しなかったら全く生気のない生きる屍みたいになってしまうことも、経験済みなので、今のこの状態をKEEPできるだけで幸せと思いましょう。

本日の会計
再診料・・・1,080円
耳洗浄・・・1,620円
内用薬合計・・・24,192円
アイペット保険負担・・・12,000円

真夏の少しだけ嬉しかったこと

IMG_0913.jpg
あつかったね

灼熱の8月12日。
世間はお盆真っ只中の日に、アルブレヒトを抱えて眼医者です。

IMG_0914.jpg
普段はお散歩しながら行く病院も、バスで行き来。
それにしても待ち時間が長い、手術の子も多いみたいで。
どの子も頑張れ!

さて、肝心のアルブレヒトさんのお目目、調子は良いとのこと。
ステロイドを切ってもいい調子だし、免疫抑制剤のオプティミューンを切るかどうかの相談を院長先生とする。
院長先生の見解は、切って1度調子が悪くなった事も引っかかり、また、調子が悪くなった時にまた立て直すのが結構困難なのでこのまま続けましょうとのこと。

そっかー。
オプティミューン、一か月分が5,000円もするお財布に優しくないお薬なのよねーと思いつつ外で飲むのを1回ガマンすればいいだけの話じゃないか!と我が子の眼にケチった一瞬の心をばかばかっ!と思いました。

少しだけよいことも。
次の受診がなんと、3ヵ月後でいいそうですっ。
少しの前進に見えますが、私にとってはものすごーい嬉しい事。

IMG_0915.jpg
やったぜ!おれ!

マイボーム腺を絞られるのを卒倒しそうになりながら見るのも、アルにとっては痛い嫌な治療も3ヶ月なし!

IMG_0916.jpg
その代わり3ヶ月分の目薬。
ムコスタなんて箱買いですよ。

がんばれ!私のお財布!

この日の会計

再診料・・・1,440円
細隙灯顕微鏡検査・・・3,660円
マイボーム腺圧迫処置・・・1,550円
ムコスタ・・・7,220円
ヒアレインミニ・・・5,580円
オプティミューン・・・5,150円
消費税・・・1,961円
合計・・・26,481円

9歳、甲状腺機能低下症のこと。

アルブレヒトの持病は大きくわけると3つ。

心臓と甲状腺と眼。

どれも一生付き合っていく治らない病気を持っています。


今日は甲状腺のこと。

半年に1度、甲状腺機能低下症の検査をして、数値を見ているんですが、今回基準値を下回ってしまいました。

お薬を適切に服用していれば普通に生活が出来るし、ずっと安定していたので心配していなかったのでこのまま一生この量の投薬で問題ないだろうと思っていたのに、数値が下がるとは。


調子がいいと忘れてしまいがちなのが病気のあれこれで、アルブレヒトは確かに正常ではないのです。

甲状腺の数値が下回ると、それを補おうと脳下垂体から甲状腺刺激ホルモン(TSH)が出ます。

普通の子は数値が正常になると刺激ホルモンの数値は基準値に下がるんだけど、甲状腺ホルモンが正常値でもアルはずっと刺激ホルモンが高く出続けてるまま。

落ち着いていても脳から信号を出し続けている状態なのです。

ヒトだとこの状態は潜在性甲状腺機能低下症と呼ばれていて心疾患に紐づくケースが非常に多いのでなんとなく納得です。


下がって来てしまった甲状腺ホルモンに薬の量を増やすという手もあるのですが、心臓のお薬も投与しているので、影響考えるのとまだ以前のように酷い症状が何かしらでている訳ではないので現状維持のお薬の量でいき、何かあったらすぐに病院へ、ということになりました。


来年は10歳。

健康な子の10歳はまだまだ元気ですが、そうではないのでもっともっと飼い主はケアしながら楽しいこととのバランスをみて、QOLを高めていくことに努めます。

IMG_0615.jpg

ちーちゃん、安定の草ビュッフェ。


IMG_0620.jpg

自然いっぱいの場所で、友達との時間は犬も飼い主にとっても大切な時間です。


IMG_0621.jpg

浴衣ガールを連れて。


IMG_0623.jpg

心配なこともあるけど、楽しく幸せな時間を与えてくれる犬との暮らしは素敵です。


この日の会計

再診料・・・1,080円

爪切り・・・648円

肛門腺しぼり・・・648円

内用薬合計(2ヶ月分)・・・24,192円

アイペット保険負担・・・▲12,000円

合計・・・14,568円


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。